受験に打ち勝つ賢い子を育てる A塾

カテゴリ: 大学受験

コロナ禍で先が見えない状況となってきました。

受験雑誌を読みますと、

「東大京大などの最難関受験層は変わらない」

「横浜国立、東京都立、千葉、大阪市立、筑波などの準難関校の倍率が下がる」

「明治や立教などMARCHと呼ばれる東京都内の有名私立大の倍率は下がる。」

「地方の受験生は地元大学への進学が増える。特に地方公立大学の倍率が上がる。」

などと予想されています。





私も都市部は避け、地元大学への進学者が増えると思います。

関東は志望者大幅減、関西は微減、その反面中部地区は厳しくなると思います。

この地方は元々流出こそあれ、流入があまりない地域です。

地元に残るとなると、名古屋大学、岐阜大学の志願者が増えると予想できます。

南山、中京、愛知大学などに進学する子が増えるため、ここ最近多かった後期合格者は減ると思います。



このような状況のため、推薦入試を利用する子が増えると思います。

国公立大学でも推薦入試の枠は増えています。

内申点の良い子はチャンスです。

A塾では夏休みから推薦入試対策を行っていきます。

まずは志望理由書、小論文の対策から始めます。

毎年多くの先輩たちが推薦入試で合格を勝ち取ってきています。

今年の皆さんもがんばってください。

来年度入試からは新テスト、共通テストとなります。

共通テストは、知識の有無を問う問題が減り、思考力を試すものが増えます。

簡潔に言えば難しくなるということです。

河合塾の最新ランキング表でも、共通テスト予想ボーダーラインは、昨年よりも3〜4%ほど下がっています。
(本年度のセンター試験の平均点が下がったことも要因にありますが。)

河合塾


まずは必要事項を学習してください。
しかしその際、しっかりと理解に努めてください。これからの試験では暗記だけの力技は通用しなくなります。

本当に理解が必要となってきます。

共通テストの影響で、高校入試も中学入試も問題の傾向が変わってきています。

理解した上で覚えてください。

共通テストの日程がもうすぐ発表されます。

これが後ろ倒しされると全てに影響を及ぼしそうです。

共通テストの影響は大きいです。





共通テストの英語はリスニングと長文読解のみとなり、文法問題はなくなりました。

高校入試でも岐阜県の場合、文法問題はほとんど出ません。

定期テストのような文法問題の対策をするより、

長文読解の練習をすることが大切です。

そのためにまずは単語・熟語をしっかりと定着させなければいけません。

A塾では今後土曜日などを使って単語・熟語の暗記をさせ、長文読解問題を大量にやってもらうつもりです。

たくさんやって慣れてもらい、スピードをつけなければいけません。

入試ではスピードを求められます。

今の世の中の英語の試験は、どの試験でもスピードが大変重要となっています。

速読しても理解できる力をつけることが最終目標です。

これは練習しないとできるようにはなりません。

塾生の皆さん、いっしょにがんばりましょう。


このような記事を見つけました。

多くの子どもたちが学校の休校によって、ストレスをため込んだり学習の遅れを心配しています。

 「やる気がでない…」「イライラする」休校ストレス、アンケートで分かった切実な声

なかなか自宅では勉強ができない子が多いようです。

勉強しなくては、と思っていても、「やる気が起きない」「やり方がわからない」などの意見が見られます。

塾というのは勉強を教えるだけではなく、「勉強をするための場所を提供する」という役割があることも改めて気づかされます。

一刻も早く終息してくれることを願ってやみません。

新型コロナの影響で学校の休校が長引いています。

このまま行くと最低2ヶ月のお休みになります。

すでに1ヶ月半、ご家庭で勉強できている子とできていない子では大きな差になっているのではないでしょうか。

ご家庭で話し合ってルールを決めてください。

学校のある時間、例えば9時から12時まで、そして13時から16時までは勉強する、というようにです。

でないと、ずっとスマホゲームかユーチューブかスイッチになります。

学校が再開しても依存症から抜け出せなくなるかもしれません。

勉強をしている子はこの機会にずっとずっと先を進んでいます。脅しでなく本当です。

今からでも間に合います。

ご家庭で話し合って、勉強してない子は今すぐに始めて下さい。

今年は受験自体が大変なことになりそうです。

そのしわ寄せが次の学年にも影響を及ぼしそうです。

よろしくお願いいたします。

このページのトップヘ