受験に打ち勝つ賢い子を育てる A塾

カテゴリ: 高校受験

高校生のテスト結果が返ってきました。

可児高一年生の中間テストの結果を見て驚きました。平均点が低いです。
今年はコロナのために入学後すぐに休校となってWEBやZOOM授業となり、まじめにやっていた子といなかった子の差がかなり開いています。A塾生は2桁順位の子がたくさんいました。

特に今回のテストでは「英表」の平均点が低いです。進度は例年に比べて遅いです。問題が難しかったのかもしれませんが、それにしてもこの平均点はまずいと思います。今後の英語学習で躓く原因となります。塾生たちは先取りをしていますので、そこまでひどくはありませんでした。

やはり先取りは学習を有利に進めることができます。中学生も高校生も入学前にぜひとも先取りをしておいてください。特に英語と数学です。この2つは積み重ねが必要な科目ですから、最初で躓くとずっと苦手科目になってしまいます。取り戻すにはかなり時間を要しますが、学校の授業はどんどん進んでいき、戻って復習することはなかなかできないのです。

逆に英語と数学が完璧であれば、テスト前の勉強では国語と理科と社会に時間を割くことができます。中学一年生はまだ簡単ですから、英語と数学を完璧にして、この必勝パターンに持ち込みましょう。


2021年は先取りを積極的にすすめます。
新中学一年生は2月末から中学準備講座を始めます。
美濃加茂中学受験コースの6年生は入試終了後、3月まで英語と数学の先取りをします。
(希望者のみ)

中学3年生も、今年は入試が早く終わりそうですから、その後希望者のみ、高校の英語と数学の授業を実施するつもりです。

入学後、校内で上位にいれば自信がつきます。逆に下位だと授業についていくのが苦しくなり焦りとなります。

先取り学習をして次のステージで優位に立ちましょう。









歴史が苦手な人はどれだけ勉強をしても忘れてしまいます。

その原因は頭の中で映像化できていないからです。

文字で覚えてもすぐに忘れてしまいます。

ユーチューブにて「まんが日本史」で検索してください。

何度も見てください。


小学生の歴史から高校日本史にまで対応しています。

歴史が得意な人もぜひどうぞ。

戦国時代と幕末はかなり詳しいのでさらに深く学べると思います。

40年くらい前の作品ですが、かなり良質な映像作品だと思います。

中学生の期末テストの結果が出ました(集団授業クラスのみ)。

中3 41名
400点以上23人、そのうち450点以上が5人です。
トップは484点!
平均点はなんと396.4点!Hクラスのみだと433.4点です!

中2 25名
400点以上16人、そのうち450点以上が6人です。
トップは480点!
平均点は394.3点!こちらも素晴らしいです!

中1 19名
400点以上12人、そのうち450点以上が5人です。
トップは483点!
平均点は驚異の418.2点!過去最高です!

どの学年も大変がんばってくれました!


今回は恐ろしい結果となりましたが、一番の勝因は「たくさん勉強したから」だと思います。


中学部の集団授業クラスは週3回プラス土曜日で対策しました。個別指導クラスよりも圧倒的に勉強時間が多いです。


今のお子さんは家であまり勉強しません。特に男の子は勉強しません。


高校生の男の子のお母さんから、「うちの子、家でちっとも勉強しないのですが...」というご相談がよくあります。


確かにA塾高校部は週2回ですから、家で勉強しなければ中学生の時よりも勉強していないことになります。


高校生になると自由度が増し、親の干渉が少なくなります。


家でスマホ地獄に陥っているならば、ぜひ塾に来る週回数を増やしてください。


勉強しなければ成績は上がりません。高校の内容は深くて広いです。


国公立に行こうとすれば基本的には5科目必要になります。


家で勉強できないならばぜひ塾で勉強してください。


残暑が厳しいですが、8月が今日で終わります。

中学生は期末テストがあります。あとわずかしかありませんが、全力で取り組んでください。

高校3年生もエンジンがかかってきた子が増えてきました。

土曜日に話した子はいつの間にか日本史のテキストを3回やっていました。

「スクランブル」を今やっている子はよく私のところに質問にきます。

この本、学校で採用されているものですから皆さん持っているはずです。

とても良い本だと思います。

10回繰り返した子が過去にいます。

特に私立大学がメインの子はこの本を繰り返しやって下さい。




明日から9月です。

受験生全員エンジンフル回転でがんばってくれることを願っています。


共通テスト(旧センター試験)の日程は例年通りとなりました。

中学受験の方も大きな変更はなさそうです。

あとは高校受験ですが、こちらもそのまま行われると思われます。

岐阜新聞テストは第三回までは自宅受験となりましたので、今年は塾生の皆様には第四回だけ受験していただこうと思っております。

塾の全国テストは5月分を6月20日に行います。

学校があるため、塾の夏期講習は今年は8月からとなります。

夏休み前に、中学生の皆様の意識を高く持ってもらうために、ひとつイベントを行いたいと思います。

「岐阜五高合格力判定テスト」というものを行います。

テストを受けたあと、現時点で岐阜五高と多治見北、可児、加茂高校のどの高校に合格できる力があるのか、その場で判定を出すというものです。

岐阜五高とは岐阜、岐阜北、加納、岐山、長良高校のことです。

この地区の多くの人は可児高校、加茂高校に進学しますが、近年岐阜高校や多治見北高校に進学する人も増えてきました。

可児高校には岐阜高校から長良高校より少し下のレベルの人までいます。

ゆえに可児高校は合格最低点がそれほど高くないため、模試を受けてもA判定が出やすく、受験生も安心してしまいがちです。

そうならないよう、現時点でどれだけの力があるのか、細かく正確に測っていただくためにこのテストを実施します。

塾生以外の方も参加していただけます。

新型コロナウィルスの影響で、今年の受験生は振り回されてばかりですが、条件はみんな同じです。

都市部の人たちに負けないよう、塾生の皆さん、がんばりましょう。



このページのトップヘ