受験に打ち勝つ賢い子を育てる A塾

カテゴリ: 高校受験

共通テスト(旧センター試験)の日程は例年通りとなりました。

中学受験の方も大きな変更はなさそうです。

あとは高校受験ですが、こちらもそのまま行われると思われます。

岐阜新聞テストは第三回までは自宅受験となりましたので、今年は塾生の皆様には第四回だけ受験していただこうと思っております。

塾の全国テストは5月分を6月20日に行います。

学校があるため、塾の夏期講習は今年は8月からとなります。

夏休み前に、中学生の皆様の意識を高く持ってもらうために、ひとつイベントを行いたいと思います。

「岐阜五高合格力判定テスト」というものを行います。

テストを受けたあと、現時点で岐阜五高と多治見北、可児、加茂高校のどの高校に合格できる力があるのか、その場で判定を出すというものです。

岐阜五高とは岐阜、岐阜北、加納、岐山、長良高校のことです。

この地区の多くの人は可児高校、加茂高校に進学しますが、近年岐阜高校や多治見北高校に進学する人も増えてきました。

可児高校には岐阜高校から長良高校より少し下のレベルの人までいます。

ゆえに可児高校は合格最低点がそれほど高くないため、模試を受けてもA判定が出やすく、受験生も安心してしまいがちです。

そうならないよう、現時点でどれだけの力があるのか、細かく正確に測っていただくためにこのテストを実施します。

塾生以外の方も参加していただけます。

新型コロナウィルスの影響で、今年の受験生は振り回されてばかりですが、条件はみんな同じです。

都市部の人たちに負けないよう、塾生の皆さん、がんばりましょう。



共通テストの日程がもうすぐ発表されます。

これが後ろ倒しされると全てに影響を及ぼしそうです。

共通テストの影響は大きいです。





共通テストの英語はリスニングと長文読解のみとなり、文法問題はなくなりました。

高校入試でも岐阜県の場合、文法問題はほとんど出ません。

定期テストのような文法問題の対策をするより、

長文読解の練習をすることが大切です。

そのためにまずは単語・熟語をしっかりと定着させなければいけません。

A塾では今後土曜日などを使って単語・熟語の暗記をさせ、長文読解問題を大量にやってもらうつもりです。

たくさんやって慣れてもらい、スピードをつけなければいけません。

入試ではスピードを求められます。

今の世の中の英語の試験は、どの試験でもスピードが大変重要となっています。

速読しても理解できる力をつけることが最終目標です。

これは練習しないとできるようにはなりません。

塾生の皆さん、いっしょにがんばりましょう。


このような記事を見つけました。

多くの子どもたちが学校の休校によって、ストレスをため込んだり学習の遅れを心配しています。

 「やる気がでない…」「イライラする」休校ストレス、アンケートで分かった切実な声

なかなか自宅では勉強ができない子が多いようです。

勉強しなくては、と思っていても、「やる気が起きない」「やり方がわからない」などの意見が見られます。

塾というのは勉強を教えるだけではなく、「勉強をするための場所を提供する」という役割があることも改めて気づかされます。

一刻も早く終息してくれることを願ってやみません。

新型コロナの影響で学校の休校が長引いています。

このまま行くと最低2ヶ月のお休みになります。

すでに1ヶ月半、ご家庭で勉強できている子とできていない子では大きな差になっているのではないでしょうか。

ご家庭で話し合ってルールを決めてください。

学校のある時間、例えば9時から12時まで、そして13時から16時までは勉強する、というようにです。

でないと、ずっとスマホゲームかユーチューブかスイッチになります。

学校が再開しても依存症から抜け出せなくなるかもしれません。

勉強をしている子はこの機会にずっとずっと先を進んでいます。脅しでなく本当です。

今からでも間に合います。

ご家庭で話し合って、勉強してない子は今すぐに始めて下さい。

今年は受験自体が大変なことになりそうです。

そのしわ寄せが次の学年にも影響を及ぼしそうです。

よろしくお願いいたします。

公立高校の入試も終わりました。

今年は塾生が岐阜高校と多治見北高校という難関高校に一人ずつ合格してくれました。

おめでとうございます。

意識の高い仲間たちと切磋琢磨し、引き続き大学受験に向けてがんばってもらいたいと思います。




このように優秀な子たちが近年、地元可児高校を選ばす、他地域の難関高校に進学するケースが増えています。

私達は大変残念に思います。

可児高校は約30年前は東大10人、名大50人の合格者を出す超進学校でした(ただし定員500人超)。

優秀な子が集まれば相乗効果で中にいる子たちの成績も上がります。(同じ空気を吸っていれば上がると言う意味ではありません。努力が必要です。)

現在の可児・美濃加茂地域には、中学生のうちに学習面で鍛えられた子たちが減っています。

ぬるい勉強しかしていない子たちが増えています。

公立中学の定期テストの問題は簡単なのに、驚くほど平均点が低いです。

個別指導塾で週に四時間程度指導を受けても簡単には成績は上がりません。

家で勉強しないからです。

A塾は昔ながらの集団授業の形で、生徒たちにまずは勉強させます。

時間をかけて勉強させます。

勉強の本質は一朝一夕では身につきません。

そして大切なのは勉強することを習慣づけることだと思います。

今の子どもたちはスマホなどの影響で明らかに勉強していません。

しっかりと勉強し、大学入試に対応できる学力を身につけた子たちを育て、可児高校の復活に貢献したいと思っています。



今年度のA塾中学3年生はかなり優秀でした。

どこの高校に行ってもみんな活躍してくれると思います。

Gクラスの超難問を喜んで解くような、大変よく勉強してくれた中3生でした。

高校に行ってもがんばってください。

このページのトップヘ