公立高校の入試も終わりました。

今年は塾生が岐阜高校と多治見北高校という難関高校に一人ずつ合格してくれました。

おめでとうございます。

意識の高い仲間たちと切磋琢磨し、引き続き大学受験に向けてがんばってもらいたいと思います。




このように優秀な子たちが近年、地元可児高校を選ばす、他地域の難関高校に進学するケースが増えています。

私達は大変残念に思います。

可児高校は約30年前は東大10人、名大50人の合格者を出す超進学校でした(ただし定員500人超)。

優秀な子が集まれば相乗効果で中にいる子たちの成績も上がります。(同じ空気を吸っていれば上がると言う意味ではありません。努力が必要です。)

現在の可児・美濃加茂地域には、中学生のうちに学習面で鍛えられた子たちが減っています。

ぬるい勉強しかしていない子たちが増えています。

公立中学の定期テストの問題は簡単なのに、驚くほど平均点が低いです。

個別指導塾で週に四時間程度指導を受けても簡単には成績は上がりません。

家で勉強しないからです。

A塾は昔ながらの集団授業の形で、生徒たちにまずは勉強させます。

時間をかけて勉強させます。

勉強の本質は一朝一夕では身につきません。

そして大切なのは勉強することを習慣づけることだと思います。

今の子どもたちはスマホなどの影響で明らかに勉強していません。

しっかりと勉強し、大学入試に対応できる学力を身につけた子たちを育て、可児高校の復活に貢献したいと思っています。



今年度のA塾中学3年生はかなり優秀でした。

どこの高校に行ってもみんな活躍してくれると思います。

Gクラスの超難問を喜んで解くような、大変よく勉強してくれた中3生でした。

高校に行ってもがんばってください。