受験に打ち勝つ賢い子を育てる A塾

2019年09月

この本を手に入れて最近ずっと読んでいます。

私立大学のAO・推薦入試、年々増加しております。


今日地元高校の指定校推薦枠の発表があります。

塾生がいただけることを切に願っております。

大学受験は少子化、定員厳格化の影響で推薦入試が主流になりつつあります。

もちろん一般入試がなくなることはありませんし、全体としてはこちらの方が多いのも事実です。

ですが、推薦入試を念頭において大学受験を考えないといけない時代になりました、とはっきり言いたいのです。

顕著なのは私立大学です。

国公立も増えています。

推薦入試対策も積極的に行いますので、ぜひとも早目にご相談ください。

P_20190918_143644
P_20190918_144859

来週から始まる超ハイレベル講座の教材を注文しました。

上記のようなかなり難しい内容をやります。

ぜひとも突き抜けた実力をつけて高校入試を突破してほしいと思います。

来週の月曜日が今から楽しみです。

中3の期末テストがほぼ同じ戻ってきました。

テストがなかった中学もあります。

400点以上が16人、そのうち450点以上が5人です。

よくがんばりました!

第一回岐阜新聞テストも偏差値60以上が11人いました。

トップの子は478点でした。

ちょっと今回は受験者数が少なかったのが気になります。

次回第2回もがんばって欲しいと思います。




P_20190913_015541
P_20190913_015530

2020年4月から私立高校の授業料が実質無償化されます。

私立高校は授業料が高いということで敬遠されていたご家庭も、年収次第ではほぼ公立と変わらない負担で通えることも可能になってきました。

詳しくは、




分かりにくいので簡単にまとめますと、

世帯年収(夫婦合算の年収)が590万円(お子様の人数で変わります)未満であれば、私立高校の月平均授業料(推定約25000円〜29000円?)分が国から支払われます。

590万円〜910万円の場合は、これまで通り年額11万8千円(月額9900円)です。

私立高校の場合、授業料の他に施設費や修学旅行積立金などがありますのでお気をつけください。

ですがこれまでよりはかなり通いやすくなります。

また新しい情報が入り次第お伝えします。

2020年の大学入試改革も大きな変化ですが、

大学自体も変革を迫られています。

大学激変 ダイヤモンド 




岐阜大学と名古屋大学が同じ大学法人になります。

大阪府立大学と大阪市立大学が合併します。

私立大学の序列が変わりつつあります。

定員厳格化で私立大学入試は厳しさを増しています。

大学入試を有利に進めるためにも最新の情報が必要です。

このページのトップヘ