受験に打ち勝つ賢い子を育てる A塾

岐阜県可児市にある総合学習塾です。
受験は情報戦です。
幼児教育、中学受験、高校受験、大学受験などの情報をお届けしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

無理してでも上の学校に行くか、一つ落として上位で入るか。
学校選びではとても難しい問題です。
これはあくまでも私の個人的な意見ですが、
「ビリでの入学は避けた方が良い。」
と思っています。

学校というのは、真ん中よりも少し上、上位三分の一辺りの子のレベルで授業をしていると言われています。
ビリで入ると、授業がとても難しくかつ速く感じてしまいます。
その状態が一カ月続くと一般的な生徒は寝始めます。
授業が分からないから眠たくなるのです。
するとますます分からなくなります。
せっかく上位校に入れてもついていけず、次の受験で戦えなくては何にもなりません。

真ん中よりも上で入学できる学校を基本的にはお勧めします。
(人それぞれ性格が違いますから進路指導も変わってきます。)

「君、優秀だね」「頭いいね」「お前すげえなあ」「神や!」など、
ちやほやされれば、次の試験でもまたがんばれるものです。

理系大学では特にこれが顕著です。
よくよく調べて、自分に合った学校をお選びください。








https://www.google.com/amp/s/mainichi.jp/articles/20191212/k00/00m/040/001000c.amp
大方の予想通り、記述式試験の延期が来週正式に発表されることとなりました。

記述式は各大学の個別試験でやれば良いと思います。アルバイトではなく問題作製者がしっかりと採点しなければいけません。

こうなると結局変わったことと言えば、英語の試験の配点だけです。
ですがリスニング100点は大きな変化です。リスニング対策を真剣にやらなければいけません。
A塾でも来年のカリキュラムに取り入れたいと思います。

第3回岐阜新聞テストの結果が戻ってきました。
塾生トップは475点、偏差値68.6、可児加茂地区で2位です。
すばらしい結果です。

定員内合計平均点を見ますと
岐阜 454.4
岐阜北 420.4
加納 406.8
可児 362.0
加茂 305.2

可児加茂地区は平均点282.4、岐阜県全体が301.8、その差19.4、今回もかなりの差をつけられました。
受験者が少ないため一概には言えませんが、この地域の学力低下は否めません。
可児高校は今年定員を40名減らしました。
この地区の子も岐阜高校や多治見北高校に行く子が増えています。
この地区の者からすれば、本来この流れはよくはありません。
通学時間は非常に無駄だと思います。
定員を減らした可児高校の復活を願っています。

このページのトップヘ