受験に打ち勝つ賢い子を育てる A塾

岐阜県可児市にある総合学習塾です。
受験は情報戦です。
幼児教育、中学受験、高校受験、大学受験などの情報をお届けしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

中学生の期末テストの結果が出ました(集団授業クラスのみ)。

中3 41名
400点以上23人、そのうち450点以上が5人です。
トップは484点!
平均点はなんと396.4点!Hクラスのみだと433.4点です!

中2 25名
400点以上16人、そのうち450点以上が6人です。
トップは480点!
平均点は394.3点!こちらも素晴らしいです!

中1 19名
400点以上12人、そのうち450点以上が5人です。
トップは483点!
平均点は驚異の418.2点!過去最高です!

どの学年も大変がんばってくれました!


今回は恐ろしい結果となりましたが、一番の勝因は「たくさん勉強したから」だと思います。


中学部の集団授業クラスは週3回プラス土曜日で対策しました。個別指導クラスよりも圧倒的に勉強時間が多いです。


今のお子さんは家であまり勉強しません。特に男の子は勉強しません。


高校生の男の子のお母さんから、「うちの子、家でちっとも勉強しないのですが...」というご相談がよくあります。


確かにA塾高校部は週2回ですから、家で勉強しなければ中学生の時よりも勉強していないことになります。


高校生になると自由度が増し、親の干渉が少なくなります。


家でスマホ地獄に陥っているならば、ぜひ塾に来る週回数を増やしてください。


勉強しなければ成績は上がりません。高校の内容は深くて広いです。


国公立に行こうとすれば基本的には5科目必要になります。


家で勉強できないならばぜひ塾で勉強してください。


残暑が厳しいですが、8月が今日で終わります。

中学生は期末テストがあります。あとわずかしかありませんが、全力で取り組んでください。

高校3年生もエンジンがかかってきた子が増えてきました。

土曜日に話した子はいつの間にか日本史のテキストを3回やっていました。

「スクランブル」を今やっている子はよく私のところに質問にきます。

この本、学校で採用されているものですから皆さん持っているはずです。

とても良い本だと思います。

10回繰り返した子が過去にいます。

特に私立大学がメインの子はこの本を繰り返しやって下さい。




明日から9月です。

受験生全員エンジンフル回転でがんばってくれることを願っています。


コロナ禍で先が見えない状況となってきました。

受験雑誌を読みますと、

「東大京大などの最難関受験層は変わらない」

「横浜国立、東京都立、千葉、大阪市立、筑波などの準難関校の倍率が下がる」

「明治や立教などMARCHと呼ばれる東京都内の有名私立大の倍率は下がる。」

「地方の受験生は地元大学への進学が増える。特に地方公立大学の倍率が上がる。」

などと予想されています。





私も都市部は避け、地元大学への進学者が増えると思います。

関東は志望者大幅減、関西は微減、その反面中部地区は厳しくなると思います。

この地方は元々流出こそあれ、流入があまりない地域です。

地元に残るとなると、名古屋大学、岐阜大学の志願者が増えると予想できます。

南山、中京、愛知大学などに進学する子が増えるため、ここ最近多かった後期合格者は減ると思います。



このような状況のため、推薦入試を利用する子が増えると思います。

国公立大学でも推薦入試の枠は増えています。

内申点の良い子はチャンスです。

A塾では夏休みから推薦入試対策を行っていきます。

まずは志望理由書、小論文の対策から始めます。

毎年多くの先輩たちが推薦入試で合格を勝ち取ってきています。

今年の皆さんもがんばってください。

このページのトップヘ