受験に打ち勝つ賢い子を育てる A塾

岐阜県可児市にある総合学習塾です。
受験は情報戦です。
幼児教育、中学受験、高校受験、大学受験などの情報をお届けしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最近高校生の指導をしていて思うことがありました。

やっぱり高校の勉強って難しいです。

学校で説明を聞いて、塾でも聞いているのですが、

いざ問題を解いてみるとなかなかできない場合が多いです。

数学や英語の場合、公式や文法を暗記するのではなく、

基本問題を解く中で自然と覚えてしまうというのが理想的です。

解説を聞いただけでは、苦手な子は一週間もすれば忘れてしまいます。

忘れてしまってはやっていないことと同じです。

まずは基本問題を、公式がしっかりと身につくまで解きましょう。

その後応用問題にチャレンジしてみましょう。

そしてさらに、一ヶ月後解き直してみましょう。

高校の勉強は中学の時と同じようにはいきません。

基本問題で演習→

応用問題→

期間をおいて解き直し、

この繰り返しです。



高校の学習は授業を聞くだけでなく、

演習が必要です。

生徒さんたちを教えていて思うところがありました。

やっぱり早くからしっかりと勉強をしてきた子とそうでない子は解くスピードが違います。

この前、入塾間もない理解力に大変優れている子がいました。

教えればすぐに理解してくれます。

でも計算が遅いのです。

全部筆算でやろうとします。

そこは暗算でやって欲しいなあ、

計算の工夫をして欲しいなあ、

と思いました。





勉強はやっぱり積み重ねです。

一朝一夕には身につきません。

早くから勉強を始めた子はスピードが速くてテストにおいて有利です。

最近はどんな入試でもスピードが重視されています。

特に今の共通テストには対応できません。

たくさんの問題を解いて、

スピードを上げていきしょう。

勉強において、「分かる」と「できる」は別ものです。特に算数・数学や理科などの理系科目はまず完全に理解しないといけません。暗記だけでは対応できません。
しかし分かっても「できる」とは限りません。「できる」ようになるまで訓練が必要です。
授業を受けたり映像授業を見たりして「分かる」ことはできても「できる」ようになるには時間がかかります。学年が上がるにつれ、「分かる」と「できる」の距離が遠くなっていきます。

小学生
習う→分かる→できる

中学生
習う→→分かる→→できる

高校生
習う→→→→分かる→→→→→→→→できる


A塾の中学部では「できる」ようになるために、土曜日にプリント学習の時間を設けています。プリント5枚ほどをやっていただき、できた子から帰ります。
この時につまづいているポイントを教えます。中学生は恥ずかしがってなかなか自分から質問にきません。ですからこの土曜日を使って、分かっていない子にはこちらから教えます。
プリント学習で丸つけをしていると、生徒さんたちがどのくらい分かっていないのか、私たちはすぐに分かります。そこを分かるまでじっくり教えます。


「集団授業は質問しにくい」とよく言われますが、質問にこなくても「土曜プリント学習」でできるようにします。

個別指導だけでは「できる」ようになるまで物理的な時間がとても少ないように思われます。

このページのトップヘ